耳の快適さを取り戻そう|厄介な鼻づまりは早めに耳鼻科で対処するのが賢明
看護師

厄介な鼻づまりは早めに耳鼻科で対処するのが賢明

耳の快適さを取り戻そう

女性

自覚症状はありますか

健康診断で聴力検査をすると、加齢により聴力が下がることがあります。はじめのうちは自覚症状がなく、周囲にテレビの音が大きすぎると注意されたり、何とも聞き返すことが多いと指摘される場合があります。そのうち自分でも音が聞こえていても会話の内容が今一つしっかりと把握できなくなったり、自分の声が大きくなったり小さくなったりしていきます。そんな際には補聴器により難聴をサポートすることで悩みを少しづつ解消させることができます。はじめのうちは補聴器を装用した際の密封感や周囲の雑音が気になる場合がありますが、販売店で細かな調整をすることで徐々に慣れやすくすることができます。まずは補聴器販売店に相談してみましょう。

家族の協力が必要です

補聴器の相談に販売店へ行く際には、家族などの同伴者がいると理想的です。日頃から接している家族の声質はそれぞれに異なり、自分の聞こえにくい音と家族の声質との関係を販売店に確認してもらうことができます。聴力検査は左右のどちらの耳が、特にどの音域が聞き取りにくいか教えてくれます。もし家族の声が苦手な音域の場合、会話時に気を付けなくてはならないポイントを本人だけでなく家族の人にもアドバイスしてくれます。会話をする際には口を大きく開け、相手に口元が見えるように話すとよいと言われています。聞き取りやすい耳がある時には極力そちらの耳に話しかけてあげる事でストレスを軽減させることができます。快適に補聴器を使用できるよう、家族にも協力してもらうことが大切です。